従来の地上測量と最新の三次元点群測量を融合させ、作業効率アップとコスト削減に取り組んでいます。

三次元空間情報の取得

調査・測量・設計・施工・維持管理のあらゆる分野においてICT(i-Construction)を活用し、カメラとLiDARを搭載したUAV(ドローン)やバックパック型LiDARを活用します。こうした新しい技術である3次元測量と、従来の地上測量の効率的な住み分けと精度の確保に取り組んでいます。

UAV写真点群測量とUAV写真測量
UAV(ドローン)から連続して撮影した写真をSfMソフトで解析することで、写真点群データ、面的な地形データを生成します。
オリジナルデータ・グラウンドデータ・数値表層モデル(DSM)・数値標高モデル(DEM)といった成果にし、利用します。

UAV搭載型レーザ測
UAV(ドローン)に搭載したレーザスキャナを照射して地形や地物の三次元点群データを取得します。
オリジナルデータ・グラウンドデータ・数値表層モデル(DSM)・数値標高モデル(DEM)といった成果にし、利用します。

地上型レーザ計測 / 可搬型レーザ計測(バックパック型LiDAR)MMS
約8kgのバックパック型レーザスキャンシステム(Greenvalley International社 LiBackpackシリーズ)を背負い、歩きながら三次元点群データを取得します。
バックパックには垂直方向と水平方向の2つのレーザ、360度カメラ、GNSSが搭載されており、後処理により点群データにカメラのRGBカラーを重ねることができます。

短い現地作業で図面を作成
作業時間が短く、取得した3次元点群データから従来の地上測量の成果である平面図や断面図作成を短時間・低コストで行います。

レーザで詳細な三次元点群データをサンプリング
植生が多い区域でも地表面までレーザが届きデータを取得することができます。

安全に地形データ取得が可能
災害現場など立ち入りが困難なエリアにおいても、UAVの飛行が可能な限り地形データを取得することができます。

地上測量

基準点測量
地球上の位置や高さを求める測量です。
インフラ整備において最も基盤となる点で、GNSS衛星や測量機器を使用して座標や標高を求めます。

地形測量
土地の起伏、河川や建物等の位置や形状を測定し、地形図を作成します。

路線測量
道路・河川・水路に必要な調査・計画や、実施設計や維持管理の場面で必要になるデータを測ります。

用地測量
整備に必要な用地を取得するために、土地の所有者、境界、面積等について調査・測量を行い、用地取得に必要な資料を作成します。

可搬型レーザスキャンシステム(バックパック型LiDAR)の利用

Greenvalley International社 LiBackpackシリーズを利用しています。

不動産業、建築業支援
屋内
施設内をスキャンして三次元データを生成します。寸法や形状の計測、面積・体積の計算に有効なデータになります。
屋外
構造物の現状把握、形状データの取得
屋内外
壁の厚み、柱の位置、対象構造物全体データの取得

林業支援
樹高、樹冠面積、樹冠体積、胸高直径、曲がり、単木位置、地形、倒木のデータ取得

測量支援
対象範囲の測量成果用三次元データの取得(公共測量適用外)
比較用データ取得(UAV取得データの点検等)

災害復旧支援
簡易な計測、被災状況の三次元データの取得