点群処理ソフトウェア
LiDAR360  ■LiPowerline

LiDAR360

LiDAR360は、LiDAR点群データを効率よく可視化・操作・編集することができる、点群編集・後処理ソフトウェアです。

LiDAR360の機能には、データ管理、ノイズ除去、位置合わせ(レジストレーション)、点群自動分類が含まれます。また、地形、森林解析(ALS、TLS)、地質分析などのアプリケーション固有のモジュールも利用可能です。

最新バージョン5.0では、LiDAR360はLAS 1.4のすべての属性を完全にサポートしています。

  • 点群、モデル、ラスター、ベクターなどからの入力データ分類ツール
  • ノイズ除去ツール
  • 位置合わせ(レジストレーション)
  • ベクター編集
  • 標高、強度、カテゴリ、RGB、組み合わせなどによる表示
  • 表示モード:各種属性による表示、treeID、EDL、Glass
  • 飛行経路ファイルの表示と測定
  • 飛行経路のクリップ

動画1

Terrain

地形ツールは、点群から地表面を分類するための自動および手動編集ツールを提供します。また、サーフェスモデル(たとえば、デジタル標高モデル/ DEM、デジタルサーフェスモデル/ DSM)を生成し、3Dで表示・編集するための一連のGISツールも提供します。さらに、ノイズや穴からデータを修復するためのツールが含まれています。また、ユーザーは地形モデルを分析して、表面モデルから勾配、起伏などを求めることができます。

最新バージョンでは、変化量計算が可能で、災害監視、土地の変化の分析など、さまざまな分野でのユーザーのニーズをより適切にサポートします。

  • DEM、DSM、樹冠高さなどを生成
  • 点群に基づいてTINモデルを生成
  • 等高線を生成
  • 勾配、起伏などを計算する

動画1  動画2

Aerial & Terrestrial Forestry Metrics

森林解析モジュールには、空中レーザースキャン(ALS)システム(LiAir、LiEagleなど)、地上レーザースキャン(TLS)システム(LiBackpack)、モバイルレーザースキャンシステム(LiMobileなど)から取得した点群データを処理するツールが含まれています 。このモジュールは、あらゆる種類の点群データに対して効果的な個別の単木分類ツールおよび編集ツールを提供します。 また、ユーザーは、単木分類および編集後に元の地形情報を回復できます。

  • 単木分類
  • CHMモデル生成
  • treeIDによる抽出
  • 樹高
  • 胸高直径
  • 葉面積指数(LAI)
  • ニューラルネットワーク回帰

動画1  動画2

 

 
 
 

LiPowerline

電力線の検査と分析のための点群処理が可能。

Point Cloud Processing for Power Line Inspection & Analysis

LiPowerlineは、点群からの電力線検査のためのツールを提供します。送電線、送電塔、植生を自動的に分類し、分類結果を手動で修正し、ユーザー定義の危険ポイントの範囲を効果的に検出するための強力なツールセットが含まれています(植生の過成長や樹木落下など)。 組み込みのレポート機能により、 ユーザーは詳細なプロジェクトレポートをすばやく生成し、検査結果をKMLファイル形式にエクスポートできます。

Individual Tree Segmentation

個々の樹木のセグメンテーションを利用して、危険ポイント、つまり植生の過成長を特定します。 樹木の位置、高さ、樹冠サイズなどが含まれます。

Analyze Real-World Conditions

潜在的な危険ポイントごとに空間属性を分析します。 LiPowerlineは、電力線の状態の詳細を示すユーザー定義のプロジェクトレポートを生成します。

Simulate Environmental Conditions

さまざまな環境シナリオの影響下にある 潜在的な条件をシミュレートします (たとえば、樹木の落下、成長、 強風、氷の被覆、高温)。