三次元データを漏れなく計測する

先端技術の導入支援、販売、レンタルを行っています(LiDAR SLAM 方式三次元レーザー計測システム、ドローン等)。

取扱製品一覧

GreenValley International(GVI)は、米国西海岸(カリフォルニア)に本社を持ち、3Dマッピング機材及びソフトウェアの開発・製造を行なっています。

3Dマッピング機材としては、空中はレーザー搭載ドローン、地上はバックパック型LiDARを販売しており、加えてGISコンサルティング向け製品等も販売しています。世界中で販売されているため、信頼性が高く低価格です。LiDARシステムはパルスレーザー光を照射し、その反射時間から、物体までの距離を求めます。

このページで紹介するLiBackpackシリーズは、GVI社の独自技術によるLiDARシステムとSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)を組み合わせた製品です。SLAMは自己位置推定と点群の取得を同時に行う技術で、GNSSが受信できない箇所や、レーザー搭載ドローンで取得できない遮蔽部の補完に有効です。

弊社(日本DMC株式会社)では2019年よりバックパック型LiDARを導入し、業務で使用しています。そのため、利用のノウハウは豊富であり、弊社からの購入者様には強力なサポートが可能です。

レンタルの詳細についてはこちら
※ 点群編集ソフト LiDAR360とLiFuser-BPもセット販売になりました。

GreenValley International(GVI)のロゴ

 

※ 「バックパック型3Dレーザースキャナセット」対象品

●製品仕様比較表

仕様項目/型番

LiBackpack C50H 新モデル販売中

LiBackpack DGC50H 新モデル販売中
LiBackpack DGC50 レンタル受付中
(H付きモデルは、センサアップグレード品です。)

LiDARタイプ バックパック型LiDAR
シングルタイプカメラ付き
バックパック型LiDAR
デュアルタイプカメラ付き
(GNSSモジュール搭載)
製品イメージ

バックパックタイプに加え、取り外してハンドヘルドタイプとして使用可能

バックパックタイプ専用

水平視野(360°)
垂直視野(±90°) ×(±15°)
カメラ付き ○(点群色付け可) ○(点群色付け可)
GPS付き × ○(位置情報付与可)
レーザーセンサー モデル C50H : Hesai XT32M2X モデル DGC50 : Velodyne VLP-16 ✕ 2
モデル DGC50H : Hesai XT16 ✕ 2
相対精度(形状精度)

±3cm(SLAM処理良好時)

±3cm(SLAM処理良好時)
絶対精度(位置情報精度)

なし(標定点が必要)

±5cm ~ ±10cm(GNSS環境良好時)
自己位置推定 SLAM+IMU SLAM+IMU+GNSS
内部ストレージ 512GB 512GB
ポート HDMI、USB2.0/3.0、Ethernet HDMI、USB2.0/3.0、Ethernet
重量 7.2㎏+バッテリー 8.6kg +バッテリー
最大消費電力 40W 50W
Wi-Fi 帯域 2.4GHz 2.4GHz
スキャンレート 640000pts/s
シングルリターン

640000pts/s
シングルリターン

スキャン範囲 最大300m 最大100m
計測時の移動速度
(推奨値)
1.0m/s 1.0m/s
ディスプレイ Wi-FiまたはEthernetを経由した
端末のディスプレイ
Wi-FiまたはEthernetを経由した
端末のディスプレイ

レンタルの詳細についてはこちら