高解像度 8K 360度カメラを用いたインフラ調査向け写真撮影

 

高解像度 8K 360度カメラで静止画を撮影し、高所や人が入れない狭い箇所の撮影を試験的に実施しました。

下記のサンプル画像は、鉄道のガード下から橋台部分や、生活排水が流れる立ち入りが困難な箇所から陰になった部分を撮影しました。短時間で撮影、周囲の写真記録、確認が可能なので作業が効率的です。