空間情報技術を活かして、ゆたかで安全な生活環境を作ります。

 

経営理念・ビジョン

空間情報を活かして、ゆたかで安全な生活環境を作るのが私たちの仕事です。

地震、火山の噴火、気候変動で起こる災害に対して、子供たちの未来がおびやかされています。生活を守るために、前もって空間情報を準備することが重要になってきました。変わりゆく環境の小さな変化も見逃さないために、センサを活用した空間情報の取得、解析、分析を行い、データを読み解くことが、自然と人類が共生する社会を築く鍵となります。

また、センサ技術を活用したドローンによる人の移動も実現しており、近未来で私たちのサービスが多面的に利用され、ITを用いた交通機関により豊かな生活空間が作られていく、そんな未来に貢献します。

  1. 地球環境や人工的な構造物の空間情報を三次元データとして記録、保存します。
  2. 空間情報を有効利用した革新的な環境保全、保護等の作業に努めます。
  3. 行政、研究機関、大学と連携し、技術向上に努め地域の課題解決に貢献します。

沿革

2015年  2月   静岡県沼津市 ドローンを活用した撮影、計測、データ編集の企業として創業

2015年 11月 日本初の無人航空機の認定制度、JUIDA無人航空機講習認定校としてスクール事業を開始

2019年 3月 災害時における無人航空機による情報収集活動(撮影等)に関する協定締結 (総務省消防庁)

2019年 6月 経営革新計画承認 ドローン点検チェック・作業記録を簡略化するアプリの開発

2019年 9月 災害時支援に係わる協定 (一般社団法人 日本USA産業振興協議会)

2020年 1月 御殿場市に本社移転 (先端空間情報技術評価支援センター本部併設

2020年 8月 認定取得:事業断続強化計画に係わる認定 / 経済産業省 関東経済産業局

2022年 7月 JUIDA無人航空機講習認定校 無人航空機操縦技能養成センター(略称:UAVセンター)開校

GOTEMBACITY2021